ガラスの代用品として使われている素材|アクリル板の特徴とは

男性

光触媒に使われる物質

酸化チタンの用途は非常に多岐にわたっており、さらには光触媒に使われるなど有用です。その反面、廃棄物の処理に問題が残るほか食品添加物として使用される例で発がん性が疑われることから使用が大きく制限されています。酸化チタンの取り扱いにはトラブルを生じないようしっかりと考慮しておくことが大事です。

詳しく見る

アクリル板

ガラスの約2倍のコスト

アクリル板はガラスの約2倍の価格になりますが、割れにくいだけでなく軽くて加工がしやすかったりなど多くのメリットがあるのでガラスの代替え品として使われるようになりました。工場で使われているセンサーの保護カバーにはアクリル板のメリットが多くあるため、ガラスに代わって使われるようになりました。

詳しく見る

女性

代表的な光触媒作用物質

酸化チタンはチタンの酸化物であり、白色を発色する事から塗料や食品添加物などとして用いられます。また光触媒反応によって酸化還元作用や、超親水性を発揮します。特に超親水性は素材表面に施す事によってセルフクリーニング効果を発揮するので、建物の外壁などに広く用いられるようになっています。

詳しく見る

アクリル板

目的ごとにアクリルを選ぶ

高い透明度と耐久性を兼ね備えたアクリル板は、小はカードケースから大は看板までさまざまな用途に使われています。それらの製品の材料となるアクリル板を注文する際には、カラーや厚みなどの情報が選定のポイントです。HP上に色見本や板厚を掲載している業者を利用すれば、目的に合わせたアクリル板を選ぶのも容易です。

詳しく見る

メンズ

白色をした化学物質

酸化チタンは、現在では白色顔料に用いられる化学物質です。水俣病などの公害問題が浮き彫りになる中で、従来の顔料は使用を制限されました。そのような中で酸化チタンを原料とする白色顔料が生まれ、現在では画材としてだけでなく、食料品の着色料などにも用いられています。

詳しく見る

様々な用途に活躍する素材

アクリル板

優れた性質の素材

多くの工業製品の原料として用いられるアクリル板は、アクリル樹脂によって形成されている有機ガラスの一種です。アクリル板の特徴は、板ガラスに比べた場合の優位性が豊富であることが挙げられます。まずガラスはその透明性によって住宅の窓ガラスなどとして利用されていますが、アクリル板はガラス以上の透明性を誇ります。また無加工のガラスが衝撃に弱いのに対し、アクリル板はガラスの10倍以上の衝撃にも絶えることが出来ます。さらに耐候性、耐腐食性にも優れているので、屋外使用や水気の多い場所での使用にもよく耐えます。そして成型加工が容易でもあります。金型による成型から成型後の切削、穴あけや接着なども通常の樹脂素材と同様に行えます。小さな製品から大型の製品まで、様々な用途に合わせて形を変えることが出来ます。その歴史は古く、1930年代には既に工業化が始まっていました。最初期には透明性と曲面加工が容易であることから、主に戦闘機のコクピットを覆う風防ガラス用として使用が広がりました。現在でも軍用機の風防を始め、旅客機も含めた航空機の窓ガラスとしてアクリル板は広く使用されています。また光の透過率の高さと耐久性の高さから、水生動物の飼育水槽としての利用も多く、一般的に市販されている水槽でもガラス水槽とシェアを二分しています。また水量が多く水槽にかかる水圧が膨大になる水族館の大型水槽ではアクリル板の特性がいかんなく発揮され、大型で極厚のアクリル板の加工技術が発達したことも相まって、世界中で超大型水槽の建設が増加しています。

Copyright© 2018 ガラスの代用品として使われている素材|アクリル板の特徴とは All Rights Reserved.