ガラスの代用品として使われている素材|アクリル板の特徴とは

光触媒に使われる物質

男性

有用ですが取扱いは要注意

酸化チタンは、二酸化チタンとも呼ばれており化粧品の顔料・化学物質または微生物の分解など世の中の色々な場面で用いられています。光を照射することで触媒と呼ばれる光化学作用があることから太陽電池の材料に使用されるなどこの点でも広く注目されています。より具体的には光紫外線吸収作用によって表面に電子を形成して活性酸素を生み出す作用が認められています。それから水やアルコールに触れると反応性が高いという特徴を持つラジカルという物質にもなります。ただし、この酸化チタンは不溶性という性質を持ってあり水に全く溶けずに残るということから大きな問題になることもあります。酸化チタンの原料にはチタン鉱石という成分が含まれており、生成の過程で汚泥を排出するためこの処理が問題視されています。汚泥にはトリウムという放射能が含まれているためです。トリウムは体内にとり入れることで発がん性が認められるなど毒性が高く、さらに半減期も長いという特徴があることから管理には気を付ける必要があります。酸化チタンは食品添加物にも使用されますが体内に取り入れることへの懸念からその用途は食品を白くする着色料以外の用途以外は認められていないなど大きな制約があることを酸化チタンを食品添加物として扱うことを希望するならば覚えておきましょう。チタン鉱石が入っている化粧品の取り扱いも注意を要することがいえ、酸化チタンが上手くコーティングされていないと活性酸素を発生させることで肌トラブルを引き起こしてしまうためそのことを意識して化粧品会社は製造する必要を生じます。

Copyright© 2018 ガラスの代用品として使われている素材|アクリル板の特徴とは All Rights Reserved.