ガラスの代用品として使われている素材|アクリル板の特徴とは

代表的な光触媒作用物質

女性

セルフクリーニング効果

酸化チタンはチタンの酸化物で、チタニウムホワイトと称される白い色を発色するので、白色を発色する事から塗料や釉薬、さらには食品や化粧品の着色料としても利用されています。昨今酸化チタンが注目されている特徴に、光触媒反応があります。酸化チタンは光触媒を起こす物質として代表的な物質で、様々な用途に用いられるようになっています。酸化チタンによる光触媒は、紫外線を吸収する事によって酸化還元作用と、超親水作用を表します。酸化還元作用は応用する事によって、有害物質の除去に役立ちます。道路や建物の外壁に酸化チタンコーティングする事により、太陽の紫外線で車の排気ガスなどを無害化する効果などが研究されています。親水とは水をはじく撥水とは逆で、水によくなじむ性質を表します。物体の表面に付着した水は、その物質が持つ撥水性に応じて水滴状態になります。この時生じる接触角が限りなくゼロに近いものを超親水といいます。仮に窓ガラスの表面に施せば、水は均等にガラス一面に広がるため雨に濡れた状態でも視界が確保できます。また外壁などに酸化チタンコーディングを用いることによって、雨によって汚れを落とすセルフクリーニング効果が発揮できます。一般的には撥水性が高いほうが汚れが付きにくいと思われがちですが、実際には撥水性が高いと水だけがはじかれてしまい、素材に付着した汚れは落ちにくくなります。一方親水性が高い素材だと水が馴染んで平らになる事で、素材と汚れの間に水が入りやすくなります。汚れが浮かび上がる事で、水と一緒に流れていく仕組みです。さらに超親水性を持つ酸化チタンコーティングを施した外壁表面には、空気中に含まれた水分を吸着する事により、常に素材の表面に極薄の水の膜が常に付着した状態になります。これにより付着した汚れと外壁隙間には常に隙間が生じるため、雨などで汚れが落ちやすくなります。

Copyright© 2018 ガラスの代用品として使われている素材|アクリル板の特徴とは All Rights Reserved.